出場を決めるのはどの大学か!日本一に輝くのはどのチームか!
選考会の開催状況をはじめ、本大会に向けての新たな情報やトピックスなどを順次ご紹介します。

法政、國學院など8大学が出場権獲得/関東地区選考会:イメージ

2018.06.30法政、國學院など8大学が出場権獲得/関東地区選考会

関東地区選考会が6月30日(土)、さいたま市の浦和駒場スタジアムであり、法政、國學院、城西、明治、帝京、日本体育、順天堂、日本の8大学が11月4日に行われる本大会の出場権を獲得した。

 選考会には20チームが出場。各校8人が1万㍍を走り、合計タイムで競った。
 法政大学は第3組で坂東悠汰選手(4年)が1位でフィニッシュ。最終第4組でも佐藤敏也選手(3年)が4位、青木涼真選手(3年)が6位に食い込み、総合トップで2大会連続11回目の出場を決めた。

 國學院大學は4大会連続6回目、城西大学は2大会連続7回目、明治大学は11大会連続12回目、帝京大学は4大会連続11回目、日本体育大学は2大会ぶり40回目、順天堂大学は2大会連続23回目、日本大学は2大会ぶり40回目の伊勢路行きとなる。

 この日の選考会は、第1組スタート時の気温が32度と猛暑に見舞われ、過酷なレースとなった。6大会連続43回目の本大会を狙った大東文化大学は10位、7大会連続31回目の伊勢路を目指した山梨学院大学は11位に終わり、出場権を逃した。6大会ぶりの復活出場をかけ、選考会に挑んだ中央大学は第1組で棄権者が出たため、途中棄権となった。

 日本学連選抜への推薦選手には、29分40秒99で第4組の9位に入った山梨学院大学の永戸聖選手(4年)が選ばれた。


東海地区選考会/愛知工業大が1位、皇學館大が2位通過で伊勢路への切符を獲得:イメージ

2018.06.10東海地区選考会/愛知工業大が1位、皇學館大が2位通過で伊勢路への切符を獲得

 東海地区選考会が6月10日(日)に半田市の半田運動公園陸上競技場で開かれ、4時間12分58秒で1位となった愛知工業大が2大会連続17回目、4時間13分21秒で2位となった皇學館大が2大会連続2回目の全日本大学駅伝出場を決めた。 選考会は、2つの出場枠をかけて14校が参加。1万㍍を各学校8人が走り、合計タイムを競った。 本大会は11月4日(日)に名古屋・熱田神宮~三重・伊勢神宮(8区間106.8㎞)で開催される。

<写真説明> 6月10日、半田市の半田運動公園陸上競技場で声援を受けて走る選手たち

関西地区選考会/立命館大など3校が全日本出場へ:イメージ

2018.06.10関西地区選考会/立命館大など3校が全日本出場へ

関西地区選考会が6月10日(日)に京都市の西京極総合運動公園陸上競技場で開かれ、 1位となった立命館大が18大会連続30回目、2位の京都産業大が6大会連続46回目、3位の大阪経済大が2大会ぶり22回目の全日本大学駅伝出場を決めた。 選考会は、3つの出場枠をかけて12校が参加。1万㍍を走り、各校上位8人の合計タイムを競った。 また日本学連選抜チーム候補選手には関西学院大の石井優樹選手が選出された。

50回記念を迎える今年の本大会は、11月4日(日)に名古屋・熱田神宮~三重・伊勢神宮(8区間106.8㎞)で開催される。 第1~6中継所が変更され、昨年から1~7区間の距離が変更される。

<写真説明>
6月10日、京都市の西京極総合運動公園陸上競技場で走る1組の選手たち

第一工業大が2大会連続23回目の出場決める:イメージ

2018.06.10第一工業大が2大会連続23回目の出場決める

九州地区選考会が6月10日(日)、熊本県の阿蘇市阿蘇農村公園あぴかで行われ、第一工業大が4時間16分30秒で1位となり、2大会連続23回目の本大会出場を決めた。
 選考会は1つの出場枠をかけ、7校が参加した。各校の選手が1万㍍を走り、上位8人の合計タイムで競った。第一工業大はジェフリ・ギチア選手がこの日の出場選手中、唯一の29分台となる29分45秒80で走り、他の選手も32分台でまとめた。4時間18分12秒で2位の日本文理大、4時間23分40秒で3位の志學館大の追い上げを最後に振り切った。
 本大会にオープン参加する日本学連選抜には、ギチア選手に次ぎ、個人2位の30分47秒47をマークした熊本大の古川大晃(ひろあき)選手が選ばれた。

 本大会は11月4日(日)午前8時5分、名古屋の熱田神宮をスタート。三重・伊勢神宮までの8区間106・8㌔で行われる。
第50回記念大会の地区選考会が6月10日に始まります:イメージ

2018.06.01第50回記念大会の地区選考会が6月10日に始まります

 秩父宮賜杯 第50回全日本大学駅伝対校選手権記念大会の地区選考会が6月10日(日)、東海、関西、九州の3地区から始まります。9月までに全8地区で開催され、代表18校が決まります。このほか、前回大会で6位までに入った神奈川大、東海大、青山学院大、駒澤大、東洋大、中央学院大、関東学生陸上連盟の推薦を受けた早稲田大、オープン参加の東海学連選抜などを加えた計27チームが本大会に出場します。50回の節目を迎えた本大会は11月4日(日)、名古屋・熱田神宮~三重・伊勢神宮の8区間106.8㌔のコースで開催されます。  今年の本大会は大きな変更が2つあります。1つが区間距離の見直しです。1区から7区までの距離が変わり、中継所も第1から第6までが新しい場所になります。1、2、4区の距離が昨年までと比べて短くなり、レースのスピード化が進む可能性があります。もう1つがシード枠の変更です。これまで6枠でしたが、来年(2019年)の第51回大会から2つ増え、「8」となることが決まりました。今年、本大会で8位までに入ったチームは来年のシード権を獲得します。
第50回 全日本大学駅伝対校選手権記念大会における 中継所変更のお知らせ:イメージ

2018.01.11第50回 全日本大学駅伝対校選手権記念大会における 中継所変更のお知らせ

 1970年3月1日に産声をあげた「秩父宮賜杯 全日本大学駅伝対校選手権大会」は、今年、第50回の記念大会を迎えます。全国からの出場校が日本一を競う選手権大会として開催して参りました。しかし、前半区間に複数の長距離区間を設定していることで、序盤から繰り上げスタートが複数発生しており、交通規制の複雑化等の課題も出てきており、今後も学生駅伝日本一を決めるにふさわしい大会として持続、発展をしていくために、主に前半区間の交通規制等の緩和を目的とした第1~6中継所の変更を実施致します。特に第1区(14.6km)、第2区(13.2km)、第4区(14.0km)といった長距離区間を10km前後に短縮することにより、前半区間における繰り上げスタートの減少を狙いとしています。
 尚、熱田神宮西門前スタート~伊勢神宮内宮宇治橋前フィニッシュまでのルート、距離には変更はありません。詳細は以下になります。

 ■新旧区間について

  ※コース:熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前(8区間 106.8㎞)は変更無し

旧(第49回大会まで)

新(第50回大会から)

1区

第1中継所

14.6km 

愛知県・弥富市筏川橋西詰(喫茶シャロウ前)

9.5km

名古屋市港区藤前(藤前公園手前)

2区

第2中継所

13.2km

三重県・川越町高松(コマツリフト四日市支店前)

11.1km

桑名市長島(長島スポーツランド前)

3区

第3中継所

9.5km

四日市市六呂見(山九四日市支店海山道倉庫前)

11.9km

四日市市羽津(霞ケ浦緑地前)

4区

第4中継所

14.0km

鈴鹿市寺家(中勢自動車学校前)

11.8km

鈴鹿市林崎(ファミリーマート鈴鹿林崎町店前)

5区

第5中継所

11.6km

津市上浜町(焼肉きんぐ津上浜店)

12.4km

津市河芸(ザ・ビッグエクストラ津河芸店前)

6区

第6中継所

12.3km

松阪市曽原町(元ドライブイン三雲)

12.8km

津市藤方(ベイスクエア津ラッツ)

7区

第7中継所

11.9km

松阪市豊原町(JA松阪前)

17.6km

変更せず

8区

19.7km

19.7km


■第50回大会以降コースマップ
新コースマップ.pdf

 
                         全日本大学駅伝対校選手権大会事務局
  

ソーシャルメディア

お知らせ

主催

特別協賛

-->