全日本大学駅伝がスタートしたのは1970(昭和45)年。
「全国の大学が出場できる、真の日本一を決める駅伝を」と、東海学生陸上競技連盟と朝日新聞名古屋本社が中心となって企画。各地区学連にも呼びかけ、70年3月、第1回大会開催を実現させました。当時はコースが近鉄の線路と平面交差していたため、選手が踏み切り待ちを余儀なくされる場面もありました。

 71(昭和46)年の第2回大会から1月の第3日曜日開催となり、79(昭和54)年の第10回大会からは前後半制を廃止。88(昭和63)年、1月から11月第1日曜日の開催に変わり、第20回大会が行われました。この年からテレビ朝日系列による完全生中継も始まりました。

 昭和から平成に変わった後も大会は発展を続け、92(平成4)年にはコースが8区間106・8キロに。99(平成11)年には出場校が2校増え、25校となりました。50回記念大会を迎えた2018(平成30)年、7区間で区間距離が変更されました。そして、時代は令和へ――

 各回のエピソードを写真とともにご紹介します。

第50回記念大会

第50回記念大会
開催日
/2018年11月4日
区間
/8区間
距離
/106.8km
青山学院大 2年ぶり2度目優勝
 第50回記念大会は11月4日、名古屋・熱田神宮西門前から三重・伊勢神宮内宮宇治橋前までの8区間106・8キロのコースで行われ、青山学院大学が5時間13分11秒で2大会ぶり2度目の優勝を果たしました。青山学院大学は7区の森田歩希選手がトップを奪うと、最終8区もリードを守り、10月の出雲全日本大学選抜駅伝との2冠に輝きました。7区途中まで首位を走った東海大学が2位、5区以降に追い上げを見せた東洋大学が3位に入りました。8位の城西大学までが第51回大会へのシード権を獲得しました。3大会連続で関東勢が1位から15位まで独占した中、オープン参加の日本学連選抜チームは1区の石井優樹選手(関西学院大)が区間賞を獲得し、3区まで上位争いを演じるなど、存在感を示しました。

結果はこちらへ

プログラム表紙ギャラリー

プログラム表紙ギャラリー

過去の全日本大学駅伝対校選手権大会プログラム冊子に使用された
表紙のデザインをご覧頂けます。

プログラム表紙ギャラリーはこちらから

ソーシャルメディア

お知らせ

主催

特別協賛

協賛

報道各社の皆様へ