全日本大学駅伝がスタートしたのは1970(昭和45)年。
「全国の大学が出場できる、真の日本一を決める駅伝を」と、東海学生陸上競技連盟と朝日新聞名古屋本社が中心となって企画。各地区学連にも呼びかけ、70年3月、第1回大会開催を実現させました。当時はコースが近鉄の線路と平面交差していたため、選手が踏み切り待ちを余儀なくされる場面もありました。

 71(昭和46)年の第2回大会から1月の第3日曜日開催となり、79(昭和54)年の第10回大会からは前後半制を廃止。88(昭和63)年、1月から11月第1日曜日の開催に変わり、第20回大会が行われました。この年からテレビ朝日系列による完全生中継も始まりました。

 昭和から平成に変わった後も大会は発展を続け、92(平成4)年にはコースが8区間106.8キロに。99(平成11)年には出場校が2校増え、25校となりました。50回記念大会を迎えた2018(平成30)年、7区間で区間距離が変更されました。そして、時代は令和へ――

 各回のエピソードを写真とともにご紹介します。

第51回大会

第51回大会
開催日
/2019年11月3日
区間
/8区間
距離
/106.8km
東海大学 16年ぶり2度目優勝
第51回大会は11月3日、名古屋・熱田神宮西門前から三重・伊勢神宮内宮宇治橋前までの8区間106.8キロのコースで行われ、東海大学が5時間13分15秒で16大会ぶり2度目の優勝を果たし、首位が何度も入れ替わる大接戦を制しました。
優勝候補として迎えた本番。1月の箱根駅伝優勝に貢献した主将の館澤亨次選手らを故障で欠き、2区が終わって6番手とやや出遅れたものの、少しずつ順位を上げて5区の市村朋樹選手が先頭に。7区で連覇を狙った青山学院大学の吉田圭太選手にトップを譲っても、アンカー8区の名取燎太選手が再び抜き返す選手層の厚みを見せつけました。
最終区まで競り合った青山学院大学が2位、7区で1年生の田澤廉選手が区間賞の走りで追い上げた駒沢大学が3位。関東地区選考会をトップ通過して初出場した東京国際大学が2区伊藤達彦選手らの力走で4位に食い込み、東洋大学が3区相澤晃選手の快走で奪った先頭の座を守りきれずに5位でした。

結果はこちらへ

プログラム表紙ギャラリー

プログラム表紙ギャラリー

過去の全日本大学駅伝対校選手権大会プログラム冊子に使用された
表紙のデザインをご覧頂けます。

プログラム表紙ギャラリーはこちらから

主な成績(第51回終了時点)

連覇

連覇 大学名 大会回数
4連覇 大東文化大 4回〜7回
早稲田大 24回〜27回
駒澤大 43回〜46回
3連覇 2度 日本体育大 1回〜3回、18回〜20回
3連覇 駒澤大 38回〜40回
2連覇 2度 駒澤大 30回〜31回、33回〜34回
2連覇 日本体育大 8回〜9回
福岡大 12回〜13回
大東文化大 21回〜22回
神奈川大 28回〜29回

大会記録

総合記録

5時間12分43秒 駒澤大(44回)

1位~2位のタイム差

・最少:13秒差 1位早稲田大 2位中央大 (27回)
・最大:7分41秒差 1位日本体育大 2位福岡大 (11回)

区間記録

区間 時間 選手名(大学名) 大会回数
1区 27分25秒 石井 優樹(日本学連選抜) 50回
2区 31分17秒 伊藤 達彦(東京国際大) 51回
3区 33分01秒 相澤 晃(東洋大) 51回
4区 33分48秒 塩尻 和也(順天堂大) 50回
5区 36分06秒 青木 祐人(國學院大) 51回
6区 37分26秒 郡司 陽大(東海大) 51回
7区 50分21秒 P・M・ワンブィ(日本大) 50回
※8区 55分32秒 M・モグス(山梨学院大) 39回

※区間距離変更のため1~7区は50回以降、8区は24回以降

通算優勝回数

大学名 優勝回数 大会回数
駒澤大 12回 30回〜31回、33回〜34回、36回、38回〜40回、43回〜46回
日本体育大 11回 1回〜3回、8回〜9回、11回、14回、16回、18回〜20回
大東文化大 7回 4回〜7回、15回、21回〜22回
早稲田大 5回 24回〜27回、42回
福岡大 3回 10回、12回〜13回
日本大 23回、37回、41回
神奈川大 28回〜29回、49回
青山学院大 2回 48回、50回
東海大 35回、51回
京都産業大 1回 17回
順天堂大 32回
東洋大 47回

出場回数

大学名 出場回数
京都産業大 47回
大東文化大 42回
日本体育大 41回
日本大 40回
福岡大 39回
中京大 35回

連続出場

大学名 連続出場 大会回数
京都産業大 40回連続 4回〜43回
福岡大 26回連続 1回〜26回
大東文化大 25回連続 1回〜25回
中京大 24回連続 1回〜24回
山梨学院大 19回〜42回
駒澤大 28回〜51回
日本体育大 23回連続 1回〜23回

歴代MVP受賞者

大会回数 選手名(大学名)
第46回大会 横手 健(明治大)
第47回大会 口町 亮(東洋大)
第48回大会 森田 歩希(青山学院大)
第49回大会 阿部 弘輝(明治大)
第50回大会 森田 歩希(青山学院大)
第51回大会 名取 燎太(東海大)

ソーシャルメディア

お知らせ

主催

特別協賛

協賛